USBの形状の違い・タイプ・青いラインの意味をわかりやすく解説

USBの形状の違い

普段何気なくUSBの差し込み口を見て「この形は・・・これか?」という感じでUSBを抜き挿ししている方も多いかと思います。実際にそれで何も問題はないのですが、どうせならUSBのタイプについてぜひ知ってほしい!ということで、本記事ではUSBの形状の違い(タイプの違い)を解説していきます。

この記事の内容
  • USBの形状とタイプの違いについて解説
  • 青いラインが入っているUSBってなに?
  • USB 2.0と3.0の違いについて解説

それでは、まず最初にUSBの形状(タイプ)の違いから見ていきましょう。

スポンサーリンク

目次

USBのタイプとは?それぞれ形状に違いがある

USBの形状の違い

USBの形状には、大きくわけて3つのタイプがあります。

  • USB Type-A
  • USB Type-B
  • USB Type-C

それぞれUSB端子の形状が違うので、USBポート(差し込み口)の形も異なります。

パソコンやパソコン周辺機器、スマホなどの差し込み口の形に合わせてUSBケーブルを使い分ける必要があります。

USB Type-Aの特徴

USB Type-A

多くの方が「USB」と言われたら思い浮かべるであろう形をしているのがこちらの「Type-A」です。

パソコンに最初から付いているUSBポート(差し込み口)は、基本的にこちらの形状が採用されています。

その他にもスマホの充電器やモバイルバッテリーなどにも採用されていることが多いので、目にする機会は他のタイプよりも多いのではないでしょうか。

USB Type-Bの特徴

USB Type-B

他のUSBと比べて少し変わった形をしているのが、こちらの「Type-B」です。

ブロックのような四角い端子をしており、USBポート(差し込み口)も四角いのが特徴。見ただけですぐにType-Bだとわかるはず。

主にプリンターなどパソコンの周辺機器に採用されることが多く、パソコンよりスマホ派の人は見る機会がほとんどないかもしれません。

Amazonベーシック(Amazon Basics)
¥706 (2021/07/31 07:31時点 | Amazon調べ)

USB Type-Cの特徴

USB Type-C

「Type-C」の最大の特徴は、上下どちら向きにでもUSBポート(差し込み口)に挿すことができます。

最初に挿そうとしたら入らなくて逆さまにしても入らず、最初に挿した向きが合っていたでお馴染みのUSBの歴史に終止符を打ちました。

MacBookやAndroidのスマホ、モバイルバッテリー、充電器などに採用されており、少しずつ普及していっている状態です。

ちなみに僕が使っているMacBook Pro 16インチ(2019)は、全てのUSBポートがこのType-Cで統一されています。

Type-Cが主流になりつつあるとはいえ、Type-Aを使う機会もまだまだあるのでAnkerの変換アダプタを使っています。

Type-Cの特性:急速充電

USB Type-Cの給電規格の1つに最大100Wで給電することができるUSB PD(Power Delivery)というのがあります。

USB PDに対応した充電器とケーブルでスマホなどを充電すると短い充電時間でバッテリーを回復させることができます。

USB PDに対応した充電器は持っておいて損はないですよ

一般的な「USB」よりサイズが小さい「Micro USB」

「Micro USB」は、一般的なUSBよりもサイズが小さくなっています。

少し前のAndroidスマホに採用されており、今でもモバイルバッテリーを充電するときにMicro USBを使うという方も多いのではないでしょうか。ゲームのコントローラーを充電するときにも使われる場合があります。

USB 2.0と3.0の違いと転送条件

USBを買うときに「USB Type-A  2.0」や「USB Type-B 3.0」といった表記を見たことないでしょうか?

これはUSBの規格を指しています。

USBの規格の違い

  • 2.0より3.0のように数字が大きくなるほど新しい規格
  • 新しい規格ほどデータの転送速度が速い

簡単な話、USB 2.0より3.0の方が進化して優秀になりました!というわけですね。

ちなみにどれくらいデータの転送速度に違いがあるかといいますと、USB 2.0では規格上480Mbpsの通信が可能となっていますが、USB 3.0では5Gbpsまで通信が可能。ざっくりと説明すればUSB 3.0の方が10倍転送速度が速いと言えます。

USB 2.0と3.0の見分け方

見分ける方法は簡単で、USB 3.0の方はUSBの端子の部分やポート(差し込み口)の部分に青いラインが入っています。

見ただけですぐわかるようになっています

USB 3.0でデータを高速に転送する条件

USB 3.0は、データの転送速度が速いと説明しましたがこれには条件があります。

  • パソコンなどの電子機器がUSB 3.0に対応している
  • USB 3.0に対応したUSB(ケーブル)を使用している

つまり、全てUSB 3.0に対応している場合のみ本領を発揮できるということになります。

例えば、以下のような場合はUSB 3.0の意味がなくなります。

  • USB 2.0の差し込み口にUSB 3.0を繋ぐ
  • USB 3.0の差し込み口にUSB 2.0を繋ぐ
  • USB 3.0に対応したパソコンと機器をUSB 2.0で繋ぐ

どこかに「USB 2.0」の要素が含まれると、データの転送速度をUSB 2.0に合わせてしまいます。

USB 3.0で全て揃えるようにしましょう

USBケーブルの違いまとめ

  • USBには「Type-A」「Type-B」「Type-C」がある
  • 最近は少しずつですが「Type-C」が主流になりつつある
  • 小さいサイズの「Micro USB」なんてのもあります
  • USB 2.0と3.0の違いは、データの転送速度

パソコンやモバイルバッテリーなどを購入するときにぜひ、「USB」の項目をチェックしてみてください。

番外編:Lightningケーブル

最後に番外編として「Lightning(ライトニング)ケーブル」をご紹介。

Lightningケーブル

Apple製品でお馴染みの「Lightningケーブル」です。

こちらはAppleの独自規格なので、Apple製品以外の機器に使うことはできません。

現時点で最新のiPhone 12シリーズにも採用されており、充電するためにはLightningケーブルが必要。しかし、iPad Proで「USB Type-C」を採用したことから、iPhoneもType-Cへ移行してくれることを願っているユーザーも多いとか少ないとか。

Appleユーザーは、基本的にスマホもiPhoneを使っていると思うので、Lightningケーブルをわざわざ用意しないといけないんですよね。個人的には、iPhoneもUSB Type-Cに対応してくれると持ち運ぶUSBケーブルを減らせるので有り難い・・・。

目次
閉じる