【USB PDとは】充電時間を短くするなら急速充電【わかりやすく解説】

USB PDとは 急速充電

モバイルバッテリーやUSBケーブルなど充電器関連の商品をネットなどで検索していると「PD対応」という表記を目にする機会がよくありませんか?

アマゾンや楽天市場で買い物をする人であれば、おそらく1度は見たことがあるはずです。

例えば、下の画像のような感じで。

amazonのankerページ
Amazonのページ

この「PD対応」というのはいったい何なのか?解説していきます。

充電する時間を短くしたい人必見!

スポンサーリンク

目次

【USB】Power Delivery(PD)とは

【USB】Power Delivery(PD)とは

「USB Power Delivery(パワー・デリバリー)」は、「USB Type-C」の端子に対応した給電企画です。

簡単に言うと、スマホなどを充電するときにPD対応の充電器を使えば短い充電でバッテリーを回復させることができます。

USB PDは最大100Wの給電が可能となっており、これがどのくらい凄いのかと言いますと基本的にスマホを購入したときに付いてくる充電器は5Wとなっています。つまり単純計算で20倍のパワーで給電することができるので、充電スピードも早くなり、結果的に充電する時間が短くなるというわけです。

約20倍・・・すごいですよね

実際にPDに対応した充電器(Anker PowerPort III mini 30W)でiPhone 12 miniを充電して時間を計測してみた記事を下に貼っておきますので、もしよろしければこちらもご覧ください。

USB PDを使うには「PDに対応」している必要がある

USB PDを使うには「PDに対応」している必要がある

PDを利用して急速充電するために必要な条件がこちら。

  • 充電する側(スマホなど)がPDに対応している
  • 充電に使う側(モバイルバッテリーなど)もPDに対応している
  • お互いの機器を繋ぐUSBケーブルもPDに対応している

USB Type-Cを使えば急速充電ができるんだ!というわけではなく、充電する機器・充電に使う機器・お互いの機器を繋ぐUSBケーブルの全てがPDに対応している必要があるので注意してください。

購入前に「PDに対応」しているかチェック

例えば下の「Anker」の充電器を確認してみてください。

上の商品は、急速充電用のコンセントになります。

こちらは「PDに対応」しているので、このコンセントを挿してPDに対応しているUSBケーブルを繋いでPDに対応しているスマホなどを充電すれば急速充電が可能となります。iPhoneで言えば、iPhone 8以降は全てPDに対応しています。

あれ?USB PDは、「USB Type-Cの規格」なんじゃないの?と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、Appleの「Lightningケーブル」はPDで急速充電をすることができるようになっています。

下の商品は上と同じくAnkerの製品ですが、片方がUSB Type-Cでもう片方がLightningになったPDに対応しているケーブルとなっています。iPhoneユーザーはこういったケーブルが必須ですね。

【まとめ】充電時間を短くしたいなら「急速充電」がおすすめ

  • 充電する時間を短くするならUSB Power Delivery(PD)
  • PDは、最大100Wの給電が可能
  • 急速充電をするためには、全て「PDに対応」したものを使う

USB PD対応製品を購入するときは、なるべく大手・有名なメーカーのものを購入するのがおすすめ。

「PDに対応」と表記されていても実際には対応していなかったり、コネクタの部分や仕様違反のものなどを掴まされる場合もあるので、なるべくそういったものを避けるためにも有名なところの製品を購入した方が安心して使うことができます。

目次
閉じる