【比較】Prime ReadingとKindle Unlimitedの違いとは【どっちに加入すべき?】

Prime ReadingとKindle Unlimitedの違い

Kindleの本が読み放題になるサブスクサービス「Prime Reading(プライム・リーディング)」「Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)」がありますよね。

本記事ではKindle Paperwhiteで読書をしていて両方のサービスを利用している僕が違いをわかりやすく解説していきます。

サブスクだと普段なら手に取らないような本も楽しめるから良いですよ

先に結論から言いますと「Prime Reading」と「Kindle Unlimited」は似ているようで全く違います。

Kindle本の読み放題が目的の人は「Kindle Unlimited」を選べばOK。

スポンサーリンク

目次

【比較表】Prime ReadingとKindle Unlimitedの違い

サービス

Prime Reading
kindle unlimited

Kindle Unlimited
月額料金500円980円
対象本1,000冊前後200万冊前後
対象ユーザープライム会員のみunlimitedユーザーのみ
無料体験期間30日間30日間
キャンペーンなし不定期開催
詳細を見る詳細を見る

価格・読み放題の対象本に違いがある

「Prime Reading」と「Kindle Unlimited」の月額料金には約2倍の差があります。

その代わり「Prime Reading」では、読み放題の対象が1,000冊前後ですが「Kindle Unlimited」では約200万冊の本が読み放題になるので、ここの価格差は納得できます。

ただし200万冊と言っても日本語以外の言語で書かれた本も対象に入っているので、実際は10万冊前後になります。

Prime Reading(プライム・リーディング)とは

Prime Reading
Amazon

「Prime Reading」は、単純に月額500円でKindle本が読み放題になるサブスクサービスではなく、あくまでアマゾンのプライム会員の特典の1つとなっています。

アマゾンのプライム会員になると、アマゾンで注文した商品の配送料が無料になったり、最短翌日で届く配送方法を追加料金なしで使えたりなど様々な特典を得ることができます。その特典の1つに「Prime Reading」が入っています。

テレビCMなどでも流れている映画・ドラマが見放題の「プライム・ビデオ」もプライム会員の特典の1つです

ちなみにですが、プライム会員には月額プランとは別に年間プランというのも用意されています。年間プランに加入すれば実質1ヶ月あたり408円で利用することができるので、アマゾンのサービスを長期で利用する人におすすめです。

Prime Readingの確認方法

3000年の叡智を学べる 戦略図鑑

プライム会員のユーザーは、Kindleの本を購入する画面で「Kindle番(電子書籍)」のところが0円になっている場合があります。こちらは「Prime Reading」の対象の本になるので無料で読むことができます。

\ 公式サイトをチェック/

Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)とは

Kindle Unlimited
Amazon

「Kindle Unlimited」は、先ほど紹介したプライム会員の特典には含まれません。

プライム会員なら安く使えるというわけでもなく、月額980円を払って加入するサブスクサービスになります。

ただし、こちらのサービスは定期的にキャンペーンが行われ、2ヶ月〜3ヶ月99円で使えたりすることもあるのでそういったときに加入するとめちゃくちゃお得に本を読むことができます。

1度キャンペーンを利用しても再びキャンペーンに加入することができる場合もあるのでお見逃しなく!

Kindle Unlimitedの確認方法

ロゴのつくりかたアイデア帖"いい感じ"に仕上げる65の引き出し

Kindle Unlimited対象の本の場合、購入画面に「Kindle Unlimited」と表示されます。

この表示はKindle Unlimited会員ではない人でも表示されるようになっています。通常の価格と比較をして「Kindle Unlimited」に入会して読んだ方が安いという場合は、入会して読むのもアリですね。

\ 公式サイトをチェック/

読み放題のKindle本は最大10冊まで保有可能

読み放題対象のKindle本は最大10冊までダウンロードすることができます。

ダウンロードした10冊はスマホやKindle端末などで読むことができ、オフライン環境でも読書が可能。

もし、11冊目をダウンロードする場合は1冊手放して入れ替えという形になります。

本自体に期限などはなく、1週間で自動返却みたいなことはないので安心してください

途中で読み放題の対象から外れたら?

「Prime Reading」も「Kindle Unlimited」も定期的に読み放題の対象本が入れ替わります。

もし自分がダウンロードして本を読んでいたときに対象から外れたらどうなるのか?気になる方も多いかと思いますが、ダウンロードさえ済んでいれば対象から外れても継続して読むことができます。

しかし、1度その本を10冊から手放してしまうと対象から外れてしまうので注意。

Prime ReadingとKindle Unlimitedの違いまとめ

  • プライム会員になると「Prime Reading」の特典が付く
  • 「Kindle Unlimited」は月額料金が高い代わりに対象の本が多い

「Prime Reading」は、あくまでプライム会員の特典の1つですので、Kindleの本が読み放題になるからという理由だけで加入するのは微妙かもしれません。アマゾンで買い物をする人や映画やドラマも楽しみたい人であれば、プライム会員にならない理由がありません。

逆にKindleの本をサブスクとして沢山読みたい人は「Kindle Unlimited」へ加入するのがおすすめ。毎月2冊程度読めば元が取れると考えればこちらも安い。あとはキャンペーンで安くなっているときも狙い目ですね。

Prime Readingを選ぶべき人

アマゾンをよく利用する・映画やドラマも楽しみたい人 → プライム会員になって「Prime Reading」を楽しむ

Kindle Unlimitedを選ぶべき人

Prime Readingでは物足りない・Kindle本を沢山読みたい → 「Kindle Unlimited」に登録する

サービス自体は似ていますが、根本的には全く別ものですので自分の目的に合ったほうを選べばOKです。

以上、「Prime Reading」と「Kindle Unlimited」の違いでした。

目次
閉じる