【MNPとは】電話番号を変えずに他社へ乗り換えることができる制度を解説

MNPとは

スマホを他社へ乗り換えようかな?と色々調べているときに「MNP」という表記を目にすることがあるかと思います。

先に結論から言いますと、このMNPは「Mobile Number Portability」の略で、今使っている電話番号をそのまま乗り換え先でも使うことができる制度のことを指します。

昔は他社へ乗り換えとなると携帯ショップへ行くのが当たり前でしたが、今は自宅から1人で簡単にMNPを利用して他社へ乗り換えることができる時代になりました。本記事ではそんな「MNP」について、わかりやすく解説をしていきます。

スポンサーリンク

目次

MNPとは?電話番号を引き継いで乗り換えすること

今使っている電話番号を乗り換え先でも使いたい場合、MNPという制度を利用することで乗り換え先でも今使っている電話番号を引き継ぐことができます。

もし、MNPを利用せずに他社へ乗り換える場合は「解約→新規契約」という流れになるので、今使っている電話番号は手放すことになります。基本的に電話番号を変えたくないという方が多いと思うので乗り換える際には「MNP」を利用しましょう。

電話番号を引き継いで乗り換えるのが「MNP」と覚えておいてください

MNP予約番号が必要

MNPを利用して他社へ乗り換える際に「MNP予約番号」というのが必要になります。

「MNP予約番号」については、以下のとおり。

  • 現在契約しているキャリアで発行してもらう
  • 乗り換え先に発行した「MNP予約番号」を伝える

現在ドコモを契約している人はドコモ、auを契約している人はauといった感じで、現在自分が契約をしているキャリアで「MNP予約番号」を発行してもらう必要があります。

そして、発行してもらった「MNP予約番号」を乗り換え先に伝えることで電話番号を引き継ぐことができます。

MNP予約番号は「この電話番号は僕のものですよ」ということを証明するためのものとイメージして頂けるとわかりやすいかと思います

MNP予約番号の発行方法

MNP予約番号は、電話かネットで発行することができます。

発行自体は数分で終わるので、乗り換えの申し込み直前、または数日前に発行すればOKです。

ドコモ

受付窓口受付時間
携帯電話1519:00 ~ 20:00
一般電話0120-800-0009:00 ~ 20:00
ネットこちら24時間対応

au

受付窓口受付時間
携帯電話0077-754709:00 ~ 20:00
一般電話0077-754709:00 ~ 20:00
ネットこちら24時間対応

ソフトバンク

受付窓口受付時間
携帯電話0800-100-55339:00 ~ 20:00
一般電話0800-100-55339:00 ~ 20:00
ネットこちら24時間対応

MNP予約番号の注意点

MNP予約番号を発行する際の注意点がこちら。

  • MNP予約番号の有効期限は15日間
  • MNP予約番号を発行しても解約にはならない

MNP予約番号には有効期限があり、基本的に1週間(7日)以上残っている状態で乗り換えの申込みをする必要があります。

つまり、有効期限ギリギリのタイミングで乗り換えの申込みは危険なので注意。

もし有効期限が切れた場合は再度MNP予約番号を発行してください

MNP予約番号を発行しても解約にはならないので、MNP予約番号を発行 = 解約になってスマホが使えなくなるというわけではないので安心してください。

解約のタイミング

MNP予約番号を発行して他社へ乗り換え後、乗り換え先のSIMカードをスマホに挿して回線が開通したタイミングで自動的に解約されます。結論、解約の手続きをする必要はありません。

MNPについてまとめ

  • 今使っている電話番号を乗り換え先でも使うことができる制度
  • MNPを利用するなら「MNP予約番号」が必要
  • MNP予約番号には有効期限があるので注意
  • MNPを利用して乗り換えが完了すると自動的に解約も完了する

発行したMNP予約番号は、乗り換え先の申込みページに記入欄が用意されているので、そちらに記入してください。

実際にどんな感じの流れなのか?MNPを利用した乗り換えの流れを知っておきたいという方は、実際に僕が楽天モバイルへMNPを利用して乗り換えをした記事がありますので、こちらをご覧ください。

乗り換え先が楽天じゃなくても流れは把握できるかと思います

目次
閉じる