長年愛用しているApple純正の「Magic Keyboard」をレビュー

Magic Keyboardのレビュー

長年愛用しているApple純正のキーボード「Magic Keyboard」

今まではずっと2,000円〜3,000円くらいのキーボードを使っていたのですが、こちらのキーボードは約1万円と高い。買う時に手が震えましたが、今では買って良かったと思えるキーボードです。

基本的にキーボードは1年くらいで買い替えていたのですが、このキーボードは3年くらい使っています。

充電式のキーボードですが、バッテリーの劣化も感じませんし問題なし。買うときの投資として1万円は高いですが長く使えるということを考えれば安いかなと思います。

ちなみに僕は「MacBook Pro 16インチ(2019)」をクラムシェルモードでモニターに繋いで、このキーボードで今こうやってパチパチと文字を打っています。

Apple(アップル)
¥10,364 (2021/06/26 06:24時点 | Amazon調べ)

スポンサーリンク

目次

長年愛用している「Magic Keyboard」のレビュー

Magic Keyboard

僕はUS配列が好きなのでUS配列の「Magic Keyboard」を使っています。

3年以上使っているだけあって、ところどころ塗装が剥げていたりするので見た目はあまりよろしくありませんが、まだまだこのキーボードを使っていきたいと思います。

キーストロークが浅いけどこれが良い

Magic Keyboardのキーストローク

昔はキーボードのキーと言えば、深いタイプが好みでした。

「レゴブロックが並んでいるのかな?」みたいなレベルのキーストロークが深いものが好みでしたが、Magic Keyboardに変えてからは、このキーの浅さがとても打ち心地良く、ハマってしまいました。

キーストロークが浅いので打音は「カタカタ」というより「パチパチ」の音に近いかも?

キーストロークが浅いと指が痛くなるのでは?と心配される方もいらっしゃるかと思いますが、確かに最初の数日は痛くなった記憶があります。慣れないうちは、キーを強く叩きすぎて指が痛くなるかもしれませんが、使っていくうちに力加減がわかってきて慣れます。

キーボードの傾斜はほぼなし

Magic Keyboardの傾斜

正直初めて見たときは「平らやん・・・」ってなりました。

おそらく一般的なキーボードを使っている人がMagic Keyboardに変えると僕と同じ感想になるのではないでしょうか。

で、実際に打ちやすいのか打ちにくいのか?というところですが、これも結局慣れの問題かなと思います。

僕は長時間キーを打ち続けても疲れることはありません

賛否両論あった矢印キー

Magic Keyboardの矢印キー

矢印キーのデザインですが、左右のキーは他のキーとほぼ同じサイズ。

上下のキーは1つのキーを半分に切ったような形になっています。

個人的には特別このキーに対して不満はなく、中指を上下のキーの溝に置くことで人差し指で左矢印キーを、薬指で右矢印キーを押すことができるので、ブラインドタッチも可能。

こちらはJIS配列・US配列どちらも矢印キーのデザインに違いはありません。

「Magic Keyboard」は、充電式だから便利

Magic KeyboardのLightningケーブルの差し込み口

Magic Keyboardは、充電式なので乾電池などを用意する必要はありません。

キーボードの上にLightningケーブルを繋ぐところがあるので、そこにさして充電することができます。

Magic KeyboardをLightningケーブルで充電

コンセントで充電はもちろん、パソコンなどに繋いで充電することも可能です。

Appleユーザーお馴染みの「Lightningケーブル」ですね

充電の頻度は2ヶ月に1回

毎日使っていますし、いちいちキーボードの電源をオフにもしていません。

それでも、2ヶ月に1回充電するくらいのバッテリー持ちです。

短いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、個人的には結構バッテリー持ちは良いという印象。

約3年使っていてもこれだけバッテリーが持つので素晴らしい。

キーボードに1万円出す価値は十分にある

1万円のキーボードと言うと・・・正直高い。

僕はAmazonで購入したのですが震える指で購入したのを覚えています。

では後悔したか?と言うと全く後悔していません。

今まで2,000円〜3,000円くらいのキーボードを半年〜1年くらいのスパンで買い換えるという謎の行為を繰り返していたのですが、Magic Keyboardに変えてからは約3年同じものを使っていることを考えればコスパも良い・・・はず。

Apple純正のキーボードですし、バッテリー持ちや物持ちの良さを考えれば1万円出す価値はあります。

「安いものを短い期間で買い換える」という考え方と「高価なものを長い期間使う」という考え方両方あると思いますが、個人的には高価で良いものを長い期間使うほうが良いのかな?と思います。

Apple(アップル)
¥10,364 (2021/06/26 06:24時点 | Amazon調べ)
目次
閉じる