【Mac】僕がJIS配列ではなくUS配列を使う理由【魅力が伝われば嬉しい】

MacのUS配列を選ぶ理由

約3年前にApple純正のキーボード「Magic Keyboard」をUS配列で購入したのをきっかけに、現在メインのパソコンとして使っている「MacBook Pro」もUS配列のものを使っています。

US配列に1度触れてしまうと、もう2度とJIS配列に戻ることはできませんよ。

本記事では、US配列派になってしまった僕がUS配列の素晴らしさを解説していきます。

US配列の魅力が伝わったら嬉しいです

スポンサーリンク

目次

MacのJIS配列とUS配列とは?

そもそも「JIS配列」と「US配列」とは?という人もいると思いますので簡単に解説。

JIS配列・US配列
  • JIS配列・・・日本語配列とも呼ばれており日本で多く使われているタイプ
  • US配列・・・英語配列とも呼ばれおりアメリカなどで多く使われているタイプ

通常日本でキーボードを買うと「JIS配列」になります。

JIS配列は日本人(日本語)向けにデザインされたキーボードなので、キー1つ1つに「ひらがな」が刻印されています。

逆にUS配列は主にアメリカや英語圏などで使われているキーボードになるので、もし日本でUS配列のキーボードを購入する場合はUS配列用のキーボードを探して購入したり、ノートパソコンの場合はオプションで変更する必要があります。

JIS配列以外にも国によってキーボードのデザインは大きく変わるので気になる方は調べてみると面白いかも?

僕がJIS配列よりUS配列の方が好きな理由

MacのUS配列キーボード

そもそもUS配列に手を出したきっかけは、プログラミングを軽く触る機会があり、そこでプログラマーの多くがUS配列を使っていたこと。そしてそこでUS配列の美しさを知ったことです。

そこでUS配列のキーボードが欲しい!となったのですが、当時使っていた「MacBook Air」はJIS配列。

いきなりUS配列のMacBookに買い換える度胸はなかったので、まずは・・・ということで「Magic Keyboard」を購入しました。そして使い始めたのですが、US配列の魅力にどっぷりと浸かり今ではUS配列じゃなければダメな体になりました。

US配列は1度使うともう元には戻れない危険なキーボードです

US配列の魅力

  • 無駄のないシンプルなデザイン
  • 記号の配置がわかりやすい
  • 両手を中央に置ける
  • ショートカットキーが使いやすい

無駄のないシンプルなデザイン

US配列は無駄がないシンプルなデザイン

JIS配列の場合は「ひらがな」が「英字」と一緒のキーに刻印されるので、ごちゃごちゃしてしまいます。

しかし、US配列は「英字」がキーの中央に配置されています。そのおかげで見た目が美しい。

元々JIS配列のキーボードを使っていた頃も、キーの「ひらがな」を使ったことがありませんでした。使わないものは無くしてしまおうということで、シンプルで無駄のないデザインのUS配列は見た目も使い勝手も心地良い。

記号の配置がわかりやすい

US配列は記号が合理的

JIS配列を使っている方はキーボードを見比べてほしいのですが、US配列は基本的に記号の配置が対になるものを並べて配置してくれています。そして、1つのキーに最大2つしか記号が刻印されていないのもポイントです。

合理的に配置された記号のおかげでどこに何があるのかを瞬時に把握することができますし、1つのキーに記号が2つしか刻印されていないので、シフトキーの有無で何の記号が入力されるのかもわかりやすい。

JIS配列はこの辺結構ごちゃごちゃしてますよね

両手を中央に置ける

上のJIS配列とUS配列のキーボードを見比べてみると、JIS配列のスペースキーがやや左寄りに配置されていることがおわかり頂けるかと思います。

キーボードの上に両手を置いたときに親指がスペースキーに乗っかる形が正しい入力のポジションです。JIS配列の場合、スペースキーに親指を置くと両手がやや左に寄ってしまいます。もしくは、右手の親指がスペースキーの端っこに当たる人もいるでしょう。

どちらにせよ少し違和感のある形になります。

JIS配列を使っていた頃はこの違和感に気付かなかったのですが、よくよく考えるとスペースキーが左寄りになっているのはおかしいですよね。結果的に右手小指でエンターキーを叩きづらくもなっています。

US配列の場合、スペースキーが中央に配置されているので両手もキーボードの中央に置くことができますし、右手小指でエンターキーも叩きやすくなるので人によっては文字の入力スピードも上がるのではないでしょうか。

無理なく右手小指でエンターキーを叩けるのは意外と大事

ショートカットキーが使いやすい

US配列はショートカットキーが打ちやすい

US配列は左下にショートカットキーで必須のキーが並んで配置されています。

  • fnキー
  • controlキー
  • optionキー
  • commandキー

ショートカットキーを普段使わないという人はあまり恩恵を感じないかもしれませんが、ショートカットキーをめちゃくちゃ使います!という人には朗報です。左下にキーを並べて配置してくれていることで、左手でサッと押すことができるのでスムーズにショットカットキーの入力をすることができます。

僕は元々ショートカットキーをあまり使うことはなかったのですが、US配列にしてからはショートカットキーをよく利用するようになりました。US配列は本当に何から何まで合理的な配置をしています。

慣れたら見なくても左手でキーを入力できるようになるかも?

今後もUS配列のキーボードを使っていきたい

JIS配列とUS配列どっちが良い?と聞かれたら迷わず「US配列」を選びます。

ただ、US配列の欠点としてUS配列で購入すると家に届くまでに少し時間がかかるというところ。

キーボードだけであればAmazonなどで購入することができますが、MacBookをAppleで購入する場合、US配列にするだけで数日〜1週間程度JIS配列よりも届くのが遅くなるんですよね。

買ったら早く欲しい!という人にとっては地獄の時間

家に届くのを待っている時間というのも楽しいのですが・・・やっぱり早く欲しいですよね。

そこが日本でUS配列のキーボードを選ぶことによる欠点かなと思います。

目次
閉じる