【電子書籍】読書端末買うなら「Kindle Paperwhite」がおすすめ【レビュー】

Kindle Paperwhiteのレビュー

電子書籍派のみなさん、Kindle端末使ってみませんか?

紙の本で読書 → スマホで読書と来て、Kindle(キンドル)の専用端末で読書をするようになって2年

本当に買ってよかったガジェットの1つでもあるこのKindle Paperwhiteを紹介していきたいと思います。

この記事の内容
  • Kindle端末の紹介・モデルの比較
  • Kindle端末に表示される広告の位置
  • Kindle Paperwhiteのレビュー

ということで、Kindleの端末を買おうか迷っている方や興味がある方に向けて書いていきます。

スポンサーリンク

目次

Kindle Paperwhiteとは

Kindle Paperwhite
Amazon

電子書籍「Kindle(キンドル)」専用に特化された端末です。

iPadやAndroidのタブレットのように、アプリやゲームを楽しむためのものではありません。

読書をするだけのために作られた端末です

Kindleの端末は、3種類(モデル)あります。

その中の1つのモデルが今回紹介する「Kindle Paperwhite(キンドル・ペーパーホワイト)」です。

Kindleの端末(モデル)の比較

モデルKindle
Kindle
Kindle Paperwhite
Kindle Paperwhite
Kindle Oasis
Kindle Oasis
価格8,980円〜13,980円〜29,980円〜
容量8GB8GB・32GB8GB・32GB
接続方法Wi-FiWi-Fi / +4GWi-Fi / +4G
ディスプレイ6インチ反射抑制スクリーン6インチ反射抑制スクリーン7インチ反射抑制スクリーン
解像度167ppi300ppi300ppi
フロントライトLED 4個LED 5個LED 25個
バッテリー
防水機能
色調調節ライト
明るさ自動調整機能
人間工学的デザイン
自動画面回転機能
ページ送りボタン
詳細を見る詳細を見る詳細を見る

Kindleのモデルを比較してみると最も安い「Kindle」は、価格も安い代わりに性能面がやや劣り、防水機能もなくなっています。最上位モデルの「Kindle Oasis」は、電子専用端末にしては価格も高いですが、全ての機能が備わっている。

そのちょうど間に立っているのが、僕が使っている「Kindle Paperwhite」です。

価格・性能・機能・防水といったところを考えると、最も手の出しやすいバランスの整ったモデルと言えるでしょう。

アマゾンでも「Kindle Paperwhite」が1番売れてます

容量は8GBで十分

Kindleの端末に保存できる容量は8GB・32GBで選べるようになっていますが、基本的に8GBで十分。

この容量は、1度にKindleの端末に保存できる本の数に影響してきます。

もし、容量がいっぱいになれば本を削除すればOK。
削除してもまた読み返したくなったら本をダウンロードすれば良いので、買い直す必要もなし。

接続方法は「Wi-Fi」環境があるか?で選ぶ

Kindleの接続方法には「Wi-Fi」と「Wi-Fi+4G」のどちらかを選ぶ必要があります。

Kindleストアで購入した本をダウンロードするときにネット環境が必要になります。

自宅などにWi-Fi環境がある場合は、「Wi-Fi」のモデルを選べばOK。
もし、Wi-Fi環境がないのであれば「4G」の機能が付いたモデルを購入してください。

自宅などにWi-Fi環境がある人が「4G付き」を選ぶメリットはほぼありません。

4Gについて

「Wi-Fi+4G」のモデルを購入すると、Wi-Fi以外の場所でもスマホと同じように4G回線でネットに繋ぐことができます。この場合気になるのが通信料だと思いますが、Kindleの4Gは無料で使うことができるので通信料を請求されることはありません。

「広告つき」と「広告なし」の違いについて

Kindleの端末を購入する際に「広告つき」と「広告なし」を選ぶことができます。

「広告つき」を選ぶと端末の価格が約2,000円安くなります。

広告の有無によってKindleの端末自体にも何か違いがでるわけではありません。

自分が「広告なし」が良いと思えば「広告なし」を選べば良いですし、少しでも安く買いたいのであれば「広告あり」を選んで2,000円安く買えばOK。購入後に広告を外すことはできないので注意してください。

Kindleの広告つきを選んだ場合の広告位置

  1. Kindleのスリープ画面
  2. ライブラリ画面の下

ちなみに表示される広告の種類は「Kindleの本」「Kindle Unlimited」といったKindle関連の広告のみです。

Kindleのスリープ画面

Kindle端末のスリープ画面1
Kindle端末のスリープ画面2

Kindleの電源を落とした(スリープ)画面にアマゾンからおすすめされる本のタイトルが表示されます。

スリープを解除しようとすると、もう1度本のタイトル(表紙付き)が表示されます。

昔はスリープ画面には広告が表示されなかったんですけどね

Kindleのライブラリ画面下

Kindle端末のライブラリ画面

購入した本が並ぶライブラリ画面の下に広告が表示されます。

横長のバーなので、特に邪魔になることはないでしょう。

Kindleの広告は良心的なので邪魔になることはない

広告が表示される位置は「スリープ画面・ライブラリ画面」の2箇所だけです。

その他には広告は表示されませんし、広告の内容もKindleの本やサービス関連だけということを考えると、「広告あり」を選んで2,000円安く買ったほうが良いんじゃないかな?と思います。

もちろん、お金に余裕のある方は「広告なし」を選べばOK。

Kindle Paperwhiteのレビュー

Kindle Paperwhiteのレビュー
Kindle Paperwhiteのレビュー
  • 軽くて読みやすいサイズ
  • 特殊なディスプレイで紙に近い表現
  • バッテリーは気にしなくて良い
  • 漫画はギリギリ読めるサイズ
  • フォントやサイズ、行間などを変更可能
  • ボタンの位置は改善してほしいかも

軽くて読みやすいサイズ

本体のサイズは「167 mm x 116 mm x 8.18 mm」で、重さは182g(Wi-Fiモデル)です。

一般的なタブレットよりは小さく、重量はスマホとほぼ変わらないですね。

片手で読むことも可能ですし、寝ながら仰向けで持っていても疲れないので読書用としては最適なサイズですね。

僕は寝る前にKindleで読書をしています

特殊なディスプレイで紙に近い表現

Kindle端末の特殊ディスプレイ

Kindleは特殊なディスプレイを採用しており、紙に近い質感で文字を読むことができます。

スマホやパソコンの画面を見るよりも目が疲れにくく、流石読書用端末ということで長時間の読書も可能。

このディスプレイの技術はすごいですね

バッテリーは気にしなくて良い

1日どれくらい読書をするかにもよりますが、早くても週に1回のペースで十分なくらいバッテリー持ちは良いです。

基本的に毎日読書をする習慣がある人でも1ヶ月に2回くらいの充電で良いんじゃないかな?と思います。

少なくとも毎日充電をするような端末ではありません。

僕は1ヶ月に1回充電するペースです

漫画はギリギリ読めるサイズ

Kindle Paperwhiteで漫画を読む

漫画はセリフの文字が一応読めるかな?という感じです。

スラスラ読めるかと言われると微妙ですが、ギリギリ読めるサイズと言えます。

漫画をメインに読みたい人は、大きめのタブレットを買ったほうが快適に読めそうです。

あくまで活字を読むための端末ですね

フォントやサイズ、行間などを変更可能

Kindle Paperwhiteのフォント設定
Kindle Paperwhiteのレイアウト設定

Kindleでは3種類のフォントが用意されており、また文字のサイズや太さ、行間、余白などを細く設定することができるので、自分に合った読みやすいスタイルにカスタマイズすることができます。

一部対応していない本もあるので注意

ボタンの位置は改善してほしいかも

Kindle Paperwhiteの電源ボタン

Kindle本体の下側に充電ケーブルの差し込み口と電源ボタンがあります。

充電ケーブルの位置としては普通だと思いますが、電源ボタンが下側にあるのはちょっと微妙かも?

読書をしていて間違えて電源を切ってしまうということは今までないのですが、わざわざそこに配置しなくても・・・という感じですよね。読書中にボタンに指が当たることはよくありますし。

なぜここに電源ボタンがあるのか・・・不思議

Kindleで読書をするメリット

  1. 他人が引いたハイライトを確認できる
  2. 本をどれだけ買っても場所を取らない
  3. 本を安く手に入れる機会が多い

①:他人が引いたハイライトを確認できる

Kindle Paperwhiteのハイライト

Kindleでは、気になった部分などにハイライトを引くことができます。

本の文字にカラーペンで線を引いたことがある人も多いかと思います。
あの線を引くことをKindleでは「ハイライト」と呼びます。

このハイライトを引いた人が多い箇所が表示されるようになっているので面白い。

上の画像でいうと「888人がハイライト」と書いてあり点線が引かれている場所です

②:本をどれだけ買っても場所を取らない

当たり前ですが電子書籍なので、どれだけ本を購入しても場所を取りません。

本棚の本が溢れかえることもなければ、収納できなかった本にホコリが被ることもありません。

これはかなり大きなメリット。

③:本を安く手に入れる機会が多い

  • Kindleセール
  • Kindle Prime Reading
  • Kindle Unlimited

Kindleセール

本でセールというのはなかなかないですが、Kindleの場合はアマゾンのセールで安くなります。最大50%オフ(半額)で買えることもあるので凄いですよね。

Prime Reading(プライム・リーディング)

アマゾンのプライム会員になると「Prime Reading」という特典を得ることができます。

こちらは対象のKindle本が読み放題になります。

Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)

Kindle Unlimited」は、アマゾンのサブスクサービスです。

毎月980円支払うことで対象のKindle本が読み放題になります。

先ほど紹介した「Prime Reading」よりも対象の本が増えます。

毎月本を2〜3冊読めば元を取れる値段設定と考えたら安いですね。

セールのときは100円以下で加入することもできます

Prime ReadingとKindle Unlimitedの違いについては、こちらの記事をご覧ください。

【まとめ】Kindle Paperwhiteのレビュー

  • Kindle端末は、Kindle本に特化した読書専用端末
  • Kindleの端末を買うなら「Kindle Paperwhite」がおすすめ
  • 「広告つき」でも邪魔!ということはありません
  • 特殊なディスプレイのおかげで長時間の読書でも目が疲れない
  • Kindleの本は安く手に入る機会が多いので嬉しい
目次
閉じる