【レビュー】コスパ最強の小型スマホ「iPhone 12 mini」ユーザーの感想

iPhone 12 miniのレビュー

iPhone 12 miniを使い始めて半年経過したのでレビューしていきます!

2020年にAppleから発売されたiPhone 12シリーズのなかに一際目立つ存在のモデルがありました。

それが「iPhone 12 mini」です。

年々スマホ本体のサイズが大きくなっていくなか、Appleは小型のiPhoneを登場させました。

小型iPhoneが発表された当時は「これぞみんなが望んでいたiPhoneだ!」「やっとジョブズの頃のiPhoneが戻ってきた!」とか色々騒がれましたが、結果はすぐに生産が終了するほど売れていないとかなんとか色々あった悲しいスマホ。

そんな悲しい?運命の「iPhone 12 mini」をレビューしていきます。

ちなみにですが今年(2021年)発売されるであろうiPhone 13シリーズでも12 miniと同じく5.4インチのiPhoneが登場すると言われているので、小型iPhoneは失敗だった・・・というわけではなさそう?です。

スポンサーリンク

目次

iPhone 12 miniの購入理由

iPhone 12 miniの外箱

僕がiPhone 12 miniを購入した理由は、大きく3つあります。

  • 小型のスマホがかっこいいと思ったから
  • スペックは通常のiPhone 12と劣らないから
  • デザインが原点回帰して角ばっているから

簡単にまとめると「小さいのにスペック十分のカッコいいiPhoneだから」ということですね。

【レビュー】iPhone 12 miniを半年使ってみた感想

iPhone 12 mini

iPhone 12 miniを半年使ってみた感想を先にまとめたものがこちら。

  • 本体のサイズが小さくてとても軽い
  • サイズは小さくても5.4インチあるから使いやすい
  • スペックは妥協していないコスパ最強スマホ

それでは、レビューを書いていきますね。

本体のサイズが小さくてとても軽い

iPhone 12 miniは、想像以上に小さくて軽い。

ディスプレイ5.4インチ
サイズ縦131.5 mm 横64.2mm 厚さ7.4mm
重量133g
iPhone 12 miniのサイズ

本体のサイズは、iPhone 8やSE2よりも小さいです。

実際にサイズを比べた画像は後ほど紹介します

重量は、iPhone SE2と比べると約15gほど軽く、iPhone 11と比べると約60gも軽い。

まさに小さくて軽いミニマルなiPhoneと言って良いでしょう。

軽すぎてケースを付けていないと逆に持ちにくい、いや持っているのか分からないレベルで軽い。

サイズは小さくても5.4インチあるから使いやすい

先ほどiPhone 12 miniの本体サイズは、iPhone 8(SE2)より小さいという話をしました。

しかし、画面のサイズは5.4インチと大きいため画面に表示できる情報量は多くなります。

iPhone 8とiPhone 12 miniの比較
iPhone 8(左)とiPhone 12 mini(右)

上の画像はiPhone 8とiPhone 12 miniの比較になります。

iPhone 8の方が本体のサイズは大きいですが画面は4.7インチ、対するiPhone 12 miniの画面は5.4インチ。

比較をしてみると画面に表示できる範囲がiPhone 12 miniの方が広いことがお分かり頂けるかと思います。

表示される情報量に差がありますよね

スマホが小さい =  画面が見にくいと思う方も多いかと思いますが、iPhone 12 miniの場合は画面のサイズは大きいので、少なくともiPhone 8やSE2を使っていて不便な思いをしていないのであれば、問題ありません。

スペックは妥協していないコスパ最強スマホ

小型のスマホというと、価格を抑えるためにスペックも劣るというのがよくあるパターンですよね。

しかし、iPhone 12 miniは違います。

通常のiPhone 12とiPhone 12 miniは、搭載されているチップやカメラに違いはありません。

つまり、スペック自体に違いはありません。

それなのにiPhone 12より約1万円以上安い!

ここからわかることは、iPhone 12 miniは本体のサイズは小さくしたけどスペックは妥協していないということです。

スペックは妥協せず本体のサイズは小さくして価格を安くした・・・まさにコスパ最強のスマホだと言えるでしょう。

【注意】iPhone 12 miniを買う前に知ってほしいこと

1つ!購入前に注意してほしい・知ってほしいことがあります。

iPhone 12 miniの画面サイズは、5.4インチです。iPhone 8(SE2)の4.7インチより画面のサイズが大きいという話をしましたが、これは縦画面での話になります。では、スマホ本体を横にして動画を視聴してみると・・・

iPhone 8とiPhone 12 miniで動画を再生したときの比較
iPhone 8(上)とiPhone 12 mini(下)

おわかり頂けますでしょうか・・・。
iPhone 8とiPhone 12 miniの画面サイズ(動画のサイズ)が同じであることに・・・。

実は・・・動画にはやや弱いのがこのiPhone 12 miniの欠点です

iPhone 12 miniは、縦長の5.4インチ

画面サイズを表す「インチ」は、対角線の長さを指しています。

今回のiPhone 12 miniは、画面のサイズがやや縦長の為、5.4インチという大きなサイズになっているわけですね。

つまり、縦画面で使う場合はiPhone 8(SE2)よりも1度に画面に表示できる量が増えます。

これは、iPhone 12 miniのメリットの部分

縦長を横にすると比率がおかしくなる

動画を再生する場合、その動画の比率を崩さないようにiPhoneは再生しようとします。

つまり、縦長iPhoneを横向きにしてそのまま動画を再生しようとすると横長動画になってしまうわけですね。それを防ぐために比率を維持しようとするのですが、比率を維持すると結果的にiPhone 8やSE2と同じサイズになってしまいます。

縦長iPhoneのマジックですね・・・

動画の比率を維持するために、iPhone 12 miniで動画を再生すると左右に黒帯が入るようになっています。

一応、動画の再生画面を2回タップすれば黒帯を消してアップで動画を見ることができますが、その場合は動画の両サイドが途切れてしまうので、おすすめはしません。

【まとめ】iPhone 12 miniの良いところ・気になるところ

iPhone 12 miniと箱

それでは、今回のiPhone 12 miniのレビューをまとめていきます。

良いところ
  • 小さくて軽いからポケットにもスッと入る
  • 小型スマホでもスペックは妥協していない
  • 画面のサイズは大きいので快適に使える
  • 角張ったデザインでかっこいい

外出先などでサッと取り出せて、スッとポケットにしまえるのは素晴らしい。

本来スマホってこういうのだよね?ということを感じさせてくれます。

そして何より、スペック自体は妥協していないので、最新のアプリやゲームも余裕で動かせます。

気になるところ

  • 動画大画面で見たい人は、5.4インチのマジックに注意
  • 使ってみたら大きいスマホの良さにも気付けた

iPhone 12 miniへ変える前は、iPhone 11を使っていました。

正直「デカいし重い」と思っていたところにiPhone 12 miniが出たので飛びついたわけですが、実際に使ってみると大きいサイズのスマホの良さにも気づけました。

やっぱり画面は大きければ大きいほど見やすいですし、ゲームや動画だってより楽しめます。

そういう部分では、画面が大きいiPhone 11を恋しく思うこともありますね。

iPhone 8やSE2から12 miniへ変えた人は気にならないと思いますが(むしろ画面は大きくなるので)、iPhone 11など画面のサイズが大きいスマホを使っていた人が12 miniへ変えると物足りなさを感じるかもしれません。

スマホに何を求めるのか?

外出先でスマホを使うならiPhone 12 miniは、最強でしょう。

軽くて小さくてスペック十分。

ただ、家の中などでゆったりと動画やゲームを楽しみたいのであれば物足りないかもしれません。

人によってスマホに何を求めるのかは違うと思いますので、iPhone 12 miniの評価は大きく分かれそうです。

目次
閉じる