【解説】Adobeユーザーになったら「Adobe Fonts」を手に入れよう

Adobeで最初にやるべきこと
この記事の内容
  • Adobeに加入したら最初に何をすれば良いの?
  • Adobe Fontsの入手方法

Adobeユーザーになったら「Premiere Pro」や「Photoshop」などをすぐに使いたい!という気持ちは分かります。

しかし、まずは最初にやるべきことは「Adobe Fonts」の入手です。

せっかくAdobeユーザーになったらAdobeのフォントを使わないのは損!ということで解説していきます。

スポンサーリンク

目次

Adobeユーザーになったら「Adobe Fonts」を入手しよう

adobe

Adobe製品を契約したらすぐにやるべきことは「Adobe Fonts」のダウンロードです。

Adobe Fontsを利用できる条件がこちら。

  • Adobe CCのサブスクに加入済み
  • Adobe製品どれかのソフトに加入済み
  • Adobe Fontsのプランに加入済み

つまり、どんな形でも良いのでAdobe製品を契約していれば「Adobe Fonts」が無料で使い放題になります。

Adobeユーザーじゃなくても使えるフォントも一応あります

そもそも「Adobe Fonts」とは?

全部で数千を超えるフォントを自由に使うことができるのが「Adobe Fonts」です。

動画編集であれば「Premiere Pro」や「After Effects」、画像の加工であれば「Photoshop」や「Illustrator」などでAdobe Fontsのフォントを使うことができます。

フォントが自由にたくさん使えるからこそ、編集の幅も広がります

Adobe Fontsの魅力

  • 使用フォント数に上限なし
  • すべてのフォントが商用利用可能

Adobe Fontsの使い方・流れを解説

STEP
Adobe Fontsのサイトにアクセス
Adobe Fontsのサイト
Adobe Fontsのサイト

Adobe Fontsのサイトにアクセスして、Adobeのアカウントでサインインします。

Adobe Fontsのサイトは下にリンクを貼っておきます。

STEP
欲しいフォントを探す
Adobe Fontsのサイト

「(フォント、フォントメーカー、デザイナー、その他)の欄」には、自分が欲しいフォント名やデザイナーさんの名前を入力することで検索をすることができます。

フォントを一覧形式で見て探したいという人は左上の「フォント一覧」からどうぞ。

STEP
欲しいフォントをアクティベートする
Adobeフォントをアクティベートする

欲しいフォントを見つけたらアクティベートしていきます。

アクティベートは簡単に言えばダウンロードみたいなもの

Adobe製品でアクティベートしたフォントが使えるようになります。

フォントの種類によっては太さが違うタイプが何種類か用意されていることもありますが、右上の「◯個のフォントをアクティベート」をオンにすれば一括で全てのタイプのフォントをアクティベートすることができます。

この太さのフォントだけ欲しいという場合は、個別にアクティベートしてください

アクティブにしたAdobe Fontsの使い方

photoshop
Photoshopの画面

Adobeのソフトなら何でも良いのですが、今回は「Photoshop」の画面で解説。

フォントを選ぶ画面で上の画像のように「Adobe Creative Cloud」のアイコンをクリックすることで、アクティベートしたAdobe Fontsだけを表示させることができます。

「Adobe Creative Cloud」のアイコンが無くて「雲のアイコン」の方は、雲の方をクリックしてください。

Adobe Fontsをすぐに探せるので便利ですね

Adobe Fontsは、日本語フォントがたくさんある!

英語のフォントはこの世に腐るほどたくさんありますが、日本語フォントはなかなか見つけにくいですよね。

特に無料で質の高い日本語フォントを探すのは大変ですが、Adobe Fontsであれば、日本語フォントもたくさん揃っています。

Adobe製品のサブスクに加入したら真っ先にAdobe Fontsをゲットしに行きましょう。

目次
閉じる